手技療法への想い

rakunet/ 9月 30, 2016/ カラダサプリ/ 0 comments

 

手技療法って、

 

なんかプロフェッショナルな感じがしてカッコイイよな〜って

 

昔は思ってた。

 

なんかバキッとか

 

骨を矯正したり

筋肉伸ばしたり縮めたりして

カラダ治しちゃうってイイなーって。

 

オレけっこう器用だから

 

スゲー色々治せて

 

困ってる人とか助けれちゃうなって思って…

 

やっぱコレやろう!!と。

 

 

で、実際この世界に入ってみると

 

結構美化して捉えてたんだなって思った。

 

 

しょーもない人や

 

くだらないシガラミとか

 

どーでもいい問題とか…

 

結局のところ「人」なんだなって。

 

別に手技療法が凄いとか

 

カイロが凄いとかじゃなくて

 

それを使ってる人次第だと解った。

 

 

じゃーショボいのは絶対嫌だし

 

そんな奴らに負けるわけにはいかない!と。

 

勉強したね。相当。

 

丈夫なカラダに生んでくれた親に感謝したわ。

練習もしたね。指痛かったね(涙)

 

強靭な精神力に育ててくれた親に感謝したわ。

 

まだ礼は言ってないけど(笑)

 

 

40になり

 

各業界のことも相関的に見れるようになってきたので

 

今一度、

 

「本質」を見据えて精進したいと思います。

 

なんか気にしててください(笑)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す