3大○○

/ 4月 21, 2017/ 0 comments

 

多くのジャンルに「3大○○」が存在しますが

 

カイロプラクティックにも在るんです。

 

 

1つ目は「哲学」

 

 

これは、カイロプラクティック独自の考え方で

 

「イネイト・インテリジェンス」といった

 

言わば、

 

人間が本来持っている「自然治癒力」に

 

焦点を置いた治療の見立てになります。

 

現在では、通常医療と重複する部分や

 

また、スピリチュアル面とも被るところがあり

 

この後の「2つの○○」との結び付け方が

 

それぞれカイロを業としてる人によって

 

大きく内容が変わる?要因となるところなのかな・・・

 

 

2つ目は「科学」

 

 

カイロプラクティックと言えば「ボキボキ」

 

これは、単に骨を鳴らすとか

 

ゆがみを整えるといったものではなく

 

科学的根拠、医学的根拠に基づき行われる

 

操作だということ。

 

すなわち、カイロプラクティック施術を行う為には

 

医学知識を学び、

 

理解・習得した上で行うことになります。

 

 

最後は「芸術」です。

 

 

カイロプラクティックの主な手法は「手技」です。

 

道具を使わずに、直接「手」で触れて操作します。

 

矯正はもちろんですが、各種検査も全て「手」。

 

ムダな力が入っていては、察知できるものも見逃します。

 

ムリな力が入っていては、余計な不安を与えてしまいます。

 

カラダの構造、関節の構造を熟知し、理にかなった操作を行う。

 

これがカイロプラクティック療法の「芸術」です。

 

 

これら3大要素が相まって

 

初めて、カラダにとって正しく

 

そして優しい施術となります。

 

 

1つ目の哲学を理解し

 

2つ目の科学を常にアップデートしながら

 

3つ目の芸術を磨き続ける

 

カラダに触れる者にとっての

 

必須条件だと思います。

コメントを残す